Queenが天才と称される5つの理由!天才集団の才能を徹底解剖!

 

どうも、こんにちは。

 

音ハコの管理人のこれちゃんです。

 

さて、今回はQueenが天才と呼ばれる理由について解説していきたいと思います!

 

Queenが好きな人も、これから知っていきたい人も、ぜひ最後までご覧下さいね!

スポンサーリンク

Queenとは?

画像参照元:https://ux.nu/rFbKd

 

まずは簡単にQueenについてご説明しましょう。

 

Queenはイギリスが生んだロックバンド。

 

「We Will Rock You」「We Are The Champions」など、世界的にヒットした曲を多数作曲しています。

We Will Rock You
クイーン
1977/10/07 ¥250

 

しかし、1991年のボーカルの「フレディー・マーキュリー」が逝去。

 

偉大なボーカリストの死は世界を悲しみに包みました。

 

死後から30年近く経ちますが、その人気は未だに衰える事を知りませんね。

 

彼らの詳しいプロフィールについてはコチラの記事で紹介していますので、よければご覧になってみてください。

 

Queen(クイーン)の人気曲10選!伝説のバンドの代表曲をご紹介!

2018年9月15日

 

Queenについて理解できた所で、早速本題に移っていきましょう。

 

Queenはなぜ天才と称されるのか?

 

最近、「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットでQueenは再度人気を集めていますね。

 

そして、その度に色んなメディアから「天才」と称されています。

 

なぜ、彼らは天才と称されるのか?

 

その理由について考察していきましょう。

スポンサーリンク

Queenが天才と称される理由

理由その1・歌唱力の高さ

画像参照元:http://ux.nu/lBHOz

 

まずはコレですね。

 

偉大なるボーカリスト「フレディー・マーキュリー」

 

彼の歌唱力の高さは半端じゃありません。

 

フレディー・マーキュリーの死後、多くのミュージシャンが集って追悼ライブを行うんですが、殆どのミュージシャンが原曲キーで歌えなかったんだとか。

 

いかに凄いキーで歌っていたか分かりますね。

 

それに加えて声量の凄さと持ち前のカリスマ性。

 

これを天才と言わずして、何を天才と言うのでしょうか?

 

フレディー・マーキュリーが居るというだけでも天才と称されるのに値すると思います。

 

理由その2・作曲能力の高さ

画像参照元:http://ux.nu/QLaUx

 

Queenは作曲能力が非常に高い!

 

特に凄いと思うのは「We Will Rock You」です。

 

これ、めちゃくちゃ凄くないですか?

 

シンプルな音の使い方で、誰でも演奏できる。

 

が、故にどこでも、誰でも演奏したくなるんですよね~。

 

今後、Queenのメンバーが亡くなってしまっても、この曲は生き続けるでしょう。

 

Queenや洋楽史だけでなく、人類史に名を刻む名曲だと思います。

 

もちろん、彼らの作曲能力の高さが垣間見れるのは「We Will Rock You」だけではありません。

 

あの映画にもなった「Bohemian Rhapsody」も素晴らしい作曲能力を披露してくれていますね。

Bohemian Rhapsody
クイーン
1975/10/31 ¥250

 

バラードから始まり、オペラに転調し、最後はハードロックで締める。

 

まさに曲を通した芸術作品ですよ!

 

こういう作曲能力の高さが、彼らが天才と言われる理由でしょう。

 

理由その3・メンバー全員作詞作曲ができる

画像参照元:http://ux.nu/L5WJC

 

Queenと言えばボーカルの「フレディー・マーキュリー」を思い浮かべる人も多いでしょう。

 

確かに、彼は紛れもない天才です。

 

「Bohemian Rhapsody」「Somebody To Love」など、Queenの多くの名曲の作詞作曲を手がけています。

Somebody to Love
クイーン
1976/11/12 ¥250

 

しかし、Queenで作詞作曲ができるのは彼だけではありません。

 

メンバー全員が作詞作曲できるんです!

 

「We Will Rock You」なんかはギターの「ブライアン・メイ」の作曲ですしね!

 

ベースの「ジョン・ディーコン」と言えば「Another One Bites the Dust」

Another One Bites the Dust
クイーン
1980/06/30 ¥250

 

ドラムの「ロジャー・テイラー」と言えば「Radio Ga Ga」

Radio Ga Ga
クイーン
1984/01/23 ¥250

 

など、メンバーそれぞれに代表曲がある位、作詞作曲能力に長けているんです!

 

普通、ボーカルが作詞作曲するバンドが多いですよね?

 

しかし、彼らは全員がそれをできるんです。

 

そして、全員レベルが高い!

 

だからこそ、天才と言われるのでしょう。

 

理由その4・時代に合わせて曲調を変化させている

画像参照元:http://ux.nu/ujJzo

 

Queenが凄いのは一過性の音楽じゃない所です。

 

最初、彼らはアルバムに「ノーシンセサイザー(シンセサイザーは使っていない)」と明記する程、シンセサイザーを使わずに重厚な音を作っていました。

 

アルバムにそう明記しないと、誰もがシンセサイザーを使っていると思ったんです。

 

それ位彼らの音楽性は当初から素晴らしかった。

 

その重厚な音作りの最たるものが「Bohemian Rhapsody」でしょう。

 

何度もオーバダブ(多重録音)する事で、本物のオペラさながらの重厚さを作り出しています。

 

しかし、ずっと多重録音や重厚さにこだわらない所が彼らの凄いところ。

 

パンク・ロックというシンプルな音楽が流行りだすと、彼らのシンプルな音作りを心がけるようになります。

 

その最たる例が「We Will Rock You」ですね。

 

ブラックミュージックが流行りだすと、「Another One Bites the Dust」のようなブラックミュージックテイストの音楽も作る。

 

シンセサイザーを使った音楽が主流になると、彼らはこれまでシンセサイザーを使わなかったポリシーを捨て、シンセサイザーでの楽曲にも乗り出します。

 

決して自分たちのプライドやポリシーだけで動かず、常に時代を見つめる事ができる冷静さ。

 

そして、流行りの音楽に乗るだけでなく、そこに自分たちの音楽性を取り込んでいく才能。

 

だからこそ、彼らは天才なんですよ。

 

理由その5・神格化されている

画像参照元:http://ux.nu/GsQkk

 

Queenの圧倒的ボーカリスト「フレディー・マーキュリー」は1991年に逝去してしまいました。

 

その後、「Made in Heaven」というアルバムをリリースし、Queenは事実上休止状態になります。

 

それほど、フレディー・マーキュリーというボーカリストが偉大だったんです。

 

しかし、それがある種良かったのかも知れません。

 

メンバー全員の才能が枯れていない頃にフレディー・マーキュリーが亡くなる事で、彼らの存在は完全に神格化されました。

 

その神格化があいまって、更に天才と言われるようになったのです。

 

もし、フレディー・マーキュリーが生きていて、今もまだ活動していたら。

 

才能が枯れてしまった彼を見て、我々はがっかりするかも知れません。

 

「昔は天才だった」

「もうQueenは終わった」

 

こんな声を聞いていたかも知れませんね。

 

ある意味良い時にQueenとしての活動を終えたから、今もなお天才と呼ばれるのかも知れません。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上がQueenが天才と言われる理由になります。

 

これらの理由から、Queenは世界中から天才と称されるのでしょう。

 

僕的には「We Will Rock You」を作った時点で音楽史に名を刻む位の才能だと思います。

 

あの曲は間違いなく、これからも語り継がれていきますよ。

 

数々の名曲を生んでくれたQueenに感謝してお別れしましょう。

スポンサーリンク

コチラの記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA