このサイトでは様々な音楽を紹介していますが、僕はレゲエという音楽のジャンルが一番大好きです!

 

音楽のジャンルは星の数ほど存在していますが、レゲエほど良い音楽はこの世にはないと思っているくらいです。

 

でも、世間のレゲエに対するイメージって、なんだかマイナスなイメージが強いですよね?若者が聞く音楽とか、ヤンキーが聞く音楽とか。そんなイメージを持っている方が多いと思います。

 

そこで、そんなレゲエに対するイメージを変える為に!レゲエ好きの僕がオススメのレゲエをご紹介!今回は、絶対に知っておきたい超有名な洋楽レゲエアーティストをご紹介していきます!更に合わせて代表曲orオススメ曲もご紹介!

 

レゲエをあまり聞いた事がない人にこそ知っておいてほしいアーティストばかり!どのアーティストも素晴らしいので、是非チェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

超有名な洋楽レゲエアーティスト10選!前編

1・Bob Marley(ボブ・マーリー)

画像参照元:http://ur0.work/Dfzz

 

まず最初にご紹介するアーティストはこの人!「Bob Marley(ボブ・マーリー)」です!

 

やっぱり最初はこの人を紹介しないと始まらないでしょう!レゲエをあまり知らない人でも知っている、超有名なレゲエアーティストです!レゲエの神様なんて呼ばれ方もしたりしますね!

 

ボブ・マーリーはとにかく凄いんです!何が凄いって、音楽で戦争を終わらせた男なんです。詳細を語りたいのですが、かなり長くなるので割愛させてもらいます(笑)どういう事か気になる人は、コチラの記事をご覧になってみて下さい。

 

レゲエをあまり聞かない人にも有名ですし、レゲエ好きにとっても神様のような存在!レゲエを聞くのなら、この人の曲から聞く事をオススメします!

 

僕が全人類の中で最もリスペクトするアーティストです!

 

オススメ曲:Redemption Song

 

ボブ・マーリーくらい凄い人だと、全ての曲が代表曲みたいなもんですからね~(笑)ココは僕のオススメの曲をご紹介させてもらいます!

 

このRedemption Songは解釈がとても難しい歌。聞く人によって聞こえ方が変わってくるでしょう。僕は人種差別をなくして、真の世界平和を願った曲だと思っています。

 

別に意味が分からなくても、ボブ・マーリーがこの曲に熱い思いを込めた事は、聞いてもらうと分かると思います。是非聞いてみて下さい。

 

Redemption Song
Bob Marley & The Wailers
レゲエ
¥250

 

2・Jimmy Cliff(ジミー・クリフ)

画像参照元:http://urx.red/DIGr

 

2人目にご紹介するアーティストは「Jimmy Cliff(ジミー・クリフ)」です!

 

レゲエ界ではとても有名なアーティスト!ボブ・マーリーと肩を並べる、伝説級の存在です!

 

実はジミー・クリフは、ボブ・マーリーよりも先に世界で売れたアーティスト。ジャマイカの音楽のヤバさを全世界へ知らしめた第一人者でもあるのです。

 

ボブ・マーリーと違って今なお顕在の伝説アーティスト。かなり高齢ながら素晴らしい美声を未だに聞かせてくれています!

 

このアーティストも超超超有名なので、知らない人は是非知っておいて下さい!

 

オススメ曲:Harder They Come

 

ジミー・クリフも代表曲が多すぎる!(笑)と、いう事でオススメの曲をご紹介させてもらいます!

 

このHarder They Come。同タイトルの映画の主題歌なんですが、その映画が世界的にヒットした事で、ジミー・クリフの名は世界へ知れ渡ります。いわば、この曲はジミー・クリフの出世作でもあるのです。

 

昔の古き良き時代のジャマイカを彷彿とさせる一曲。まだレゲエなんて言葉が普及する前の時代の一曲です。

 

The Harder They Come
ジミー・クリフ
サウンドトラック
¥250

 

3・Sean Paul(ショーン・ポール)

画像参照元:http://ur0.pw/DMTD

 

3人目にご紹介するアーティストは「Sean Paul(ショーン・ポール)」です!

 

前の2人と打って変わって、かなり最近のアーティストですね(笑)ですが、このアーティストもかなり有名なアーティストです。

 

レゲエっていう音楽は、何回か流行の波がくるんです。まず最初は60年代。ボブ・マーリーが大活躍した70年代後半。ダンスホール・レゲエが大流行した90年代。そして、2000年代。

 

この2000年代のレゲエブームを巻き起こしたのが、何を隠そうこのアーティスト!ショーン・ポールなのです!

 

今ではレゲエの枠を飛び越えて、ワールドワイドな活躍を見せるショーン・ポール!最初の頃に出していた曲は彼の出世作でもあり、流行のキッカケを作った曲でもあります。

 

代表曲:Get Busy

 

そんな、レゲエブームを巻き起こしたのがこの曲。Get Busyです。

 

この曲はDiwaliというリディム(レゲエでいうトラックのような物詳しくはコチラをご覧下さい。)の中の一曲なんです、このDiwaliが大ヒットしたお陰で、レゲエが世界的に流行します。

 

そんなDiwaliの中でも、特にヒットしたのがこの曲なんです!ある意味歴史的一曲ですね。

 

Get Busy
ショーン・ポール
ポップ
¥250

 

スポンサーリンク

4・Maxi Priest(マキシ・プリースト)

画像参照元:http://ur0.pw/DMTS

 

4人目にご紹介するアーティストは「Maxi Priest(マキシ・プリースト)」です!

 

今の20代くらいの人であまりレゲエを知らない人なら、この人の事は知らないかも知れません。ですが、90年代に青春を生きた人にとっては有名過ぎるアーティストなんです!

 

なぜかと言うと、90年代に大流行したドラマ「踊る大捜査線」の主題歌を主演の「織田裕二」と一緒に歌ったからです!日本のドラマ主題歌を主演と一緒に担当するなんて・・・いかに90年代にレゲエが流行っていたかがよく分かりますね。

 

もちろん、日本で有名なだけでなく、世界的にも超有名なレゲエアーティストです!このアーティストも絶対に覚えておきましょう。

 

代表曲:Just a Little Bit Longer

 

先ほどから言っている主題歌「Love Somebody」を紹介しようか迷いましたが、あえてそちらは紹介せず、彼自身の代表曲をご紹介いたします。

 

レゲエの現場でもよく耳にする一曲で、この曲がかかれば現場はかなり盛り上がります!

 

90年代の彼を代表する一曲。超カッコいいので、是非聞いてみて下さい!

 

Just a Little Bit Longer (Radio Edit)
マキシ・プリースト
ワールド
¥250

 

5・Damian Marley(ダミアン・マーリー)

画像参照元:http://ur2.link/DHo1

 

前編最後にご紹介するアーティストは「Damian Marley(ダミアン・マーリー)」です!

 

このダミアン・マーリー、またの名を「神の子」なんて呼ばれ方をしています。

 

一体何故、「神の子」なのか?それは彼のお父さんが深く関係しています。名前から何となく察しはついてるかも知れませんが・・・(笑)

 

そう、ダミアン・マーリーの親父は何を隠そうボブ・マーリーなんです!彼はボブ・マーリーと愛人の間にできた子供です!

 

ボブ・マーリーの息子はかなり人数が多く、その殆どが音楽関係の仕事をしています。アーティストも沢山います。

 

ダミアン・マーリーはそんな数多いマーリー一家のアーティストの中でも、とびきりの才能を持っていると僕は思っています。出す曲のセンスがとにかく良い!

 

世界的なラッパー「ナズ」やボップシンガー「ブルーノ・マーズ」と共演するなど、ワールドワイドな活躍を見せており、世界的にも人気が高いアーティスト!

 

是非知っておいて下さいね!

 

代表曲:Welcome To Jamrock

 

そんな彼の代表曲がこの曲!ダミアン・マーリーの名前を一気に世界へ知らしめた曲でもあります!

 

怪しげなトラックに、ダミアンのフローが炸裂しまくっています!とにかくカッコいい!超カッコいい!

 

現代を代表するレゲエの一曲と言えるでしょう!必聴です!

 

Welcome to Jamrock
ダミアン・マーリー
Modern Dancehall
¥250

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

前編は以上になります。後編も超有名なアーティスト達をご紹介していきます!

 

後編もお見逃しなく!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

絶対に知っておきたい!超有名な洋楽レゲエアーティスト10選!後編

初心者にこそ聴いて欲しい!おすすめ洋楽レゲエアーティスト10選!前編

レゲエ黄金期の2000年代の洋楽レゲエの人気リディム20選!前編

洋楽レゲエでコレは知っておきたい!ジャマイカの激シブ曲20選

レゲエ好きなら知っておきたい!昔の洋楽レゲエの名曲20選!

Reggae好きは知っておきたい!オススメのRiddim20選