洋楽レゲエでコレは知っておきたい!ジャマイカの激シブ曲20選

スポンサーリンク



 

僕は音楽が好きですが、

その中でも特にレゲエが大好きです。

 

レゲエは良い音楽ですよ~。

 

聴いていてこれほど気持ち良い音楽は

あまりないと思います。

 

でも、

レゲエって若者が聴くような音楽ってイメージがありますよね?

 

ちょっと不良が聴いていたりとか。

 

そんなレゲエに対するマイナスイメージを吹き飛ばす為に、レゲエ好きの僕がレゲエの名曲をご紹介!

 

今回は洋楽レゲエの激シブな曲に的を絞ってご紹介。

 

ジャマイカがイギリスの植民地から独立宣言を果たした

60年代のジャマイカ音楽から、

2010年代のレゲエまで、

幅広くご紹介していきます!

 

どの曲もマジで「激シブ」なので、

気になる曲があれば是非チェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

洋楽レゲエで是非とも聞いてほしい!激シブ曲20選!

1・Natural Mystic – Bob Marley & The Wailers

 

まずご紹介するのはBob Marley

「Natural Mystic」です!

ボブ・マーリーの必聴の名曲30選!魅力と人気の秘密もご紹介!前編

2017.04.29

 

一曲目を飾るのに相応しい一曲でしょう!

 

少しずつボリュームが上がってくるあのイントロは、

レゲエ史の中でも最上級に渋いイントロです!

 

徐々に聞こえてくる感じがたまらない!

 

レゲエの神様の曲だけあって、

何度だって聞きたくなる一曲です。

 

 

2・Exodus – Bob Marley & The Wailers

 

2曲目もボブ・マーリー!

 

タイトルは「Exodus」

 

これがまた超カッコいいんです!

 

有名な曲ではありますが、有名なだけはあります!

 

曲の時間が少し長めの曲なんですが、

聴いていて飽きる事は全くありません!

 

それどころか

もっと聴いていたくなります!

 

名曲が多いボブ・マーリーの中でも、

僕が特に大好きな一曲です!

 

 

3・Selassie Is The Chapel – Bob Marley & The Wailers

 

3曲目はボブ・マーリーの

「Selassie Is The Chapel」です!

 

超ハードコアなボブ・マーリーの名曲!

 

あまり知られていないので、

知らない人も多いかも知れません。

 

しかし、この曲はレゲエ好きならば知る人ぞ知る名曲!

 

この曲を知っていると

ちょっと鼻が高いですね(笑)

 

ゆったりとしたテンポで、

ボブ・マーリーのラスタ節が炸裂した超名曲です。

 

知らない方も是非聴いてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

4・Is This Love – Bob Marley & The Wailers

 

4曲目はボブ・マーリーの

「Is This Love」です!

 

このままいくと20曲全てボブ・マーリーの曲になりそうなので、

ボブ・マーリーの曲はこの辺にしておきましょう(笑)

 

この曲もとにかく素晴らしい!

 

先程までの3曲とは違って、

明るい曲調の一曲です。

 

僕はカラオケに行った時、

この曲を必ず最初に歌います(笑)

 

 

5・Here I Come – Dennis Brown

 

5曲目はデニス・ブラウンの

「Here I Come」です!

 

「Love & Hate~♪」でお馴染みのこの曲!

 

古き良き時代の名曲です!

 

レゲエの貴公子と呼ばれる

デニス・ブラウンの代表曲でもあります!

 

超激シブなので、

知らない方は是非覚えておいて下さい!

 

 

6・Promise Land – Dennis Brown

 

6曲目はデニス・ブラウンからもう一曲!

 

タイトルは「Promise Land」

 

怪しげなトラックに、

華麗すぎる歌声、

その全てが激シブな一曲です!

 

やっぱりレゲエの激シブ曲と言えば、

こういう悪い感じの曲が最高にカッコいいですね!

 

1980年代の音楽とは思えないくらい

素晴らしい出来上がりです。

 

 

スポンサーリンク

 

7・I’m Natty – Jacob Miller

 

7曲目はジェイコブ・ミラーの

「I’m Natty」です!

 

ジェイコブ・ミラーは人気最盛期の頃、

あのボブ・マーリーと肩を並べるほど人気があったと言います。

 

曲を聴けば分かると思いますが、

確かにボブ・マーリーに匹敵するくらいのヤバさはあります。

 

そんなジェイコブ・ミラーの曲の中でも、

特にシブい一曲。

 

是非聴いてみて下さい。

 

 

8・Fu Manchu – Desmond Dekker

 

 

8曲目はデズモンド・デッカーの

「Fu Manchu」です!

 

きました名曲!

 

ジャマイカの激シブ曲をご紹介するのであれば、

この曲は絶対に外せません!

 

僕をレゲエ好きへと誘ってくれた一曲でもあります!

 

16か17くらいの頃、

この曲を聴いてレゲエに心底惚れていきました。

 

でも、今改めて聴いてみると、

まだ高校生の頃にこの曲をヤバイと思えるなんて、

かなり変態ですね(笑)

 

 

9・Driver A – Buju Banton

 

9曲目はブジュ・バントン

「Driver A」です!

元サウンドマンが教える!Buju Bantonの間違いない名曲15選!

2017.09.15

 

ブジュ・バントンの代表曲的な一曲でもありますね!

 

まあ、ブジュはほぼ全てが

代表曲レベルでヤバイんですけどね(笑)

 

ミディアムチックなリディム「Taxi」に

ブジュのフローが炸裂した一曲!

 

今なお多くのブジュファンに愛される一曲です。

 

 

スポンサーリンク

 

10・Bun Dung Dreddie – Capleton

 

10曲目はケイプルトンの

「Bun Dung Dreddie」です!

 

はい、きました名曲。

 

この曲をシブいと言わずに、

どの曲をシブいと言うんでしょうか?

 

あまり知られていない曲ですが、

渋さ加減は半端じゃありません。

 

何が渋いって曲のイントロ!

 

サックスがカッコよすぎる!

 

そしてそのイントロからの

ケイプルトンの入り方!

バイブスの高さ!

 

あ~!何度聴いてもシブすぎる!

 

 

11・Pirates Anthem – Home T feat Shabba Ranks & Cocoa Tea

 

11曲目は「Pirates Anthem」です!

 

90年代ダンスホールの名曲中の名曲ですね!

 

3人のアーティストによる楽曲ですが、

どのアーティストもキレキレ過ぎる!

 

特にシャバ・ランクスは神がかっています!

 

レゲエ好きなら知っておきたい一曲です!

 

 

12・Still Searchin’ – Damian Marley feat Stephen Marley & Yami Bolo

 

12曲目はダミアン・マーリーの

「Still Searchin’」です!

 

ダミアン・マーリーの隠れた名曲!

 

いや、隠れてないか(笑)

 

2000年代初頭にリリースされた、

ダミアン・マーリーの初期のヒット作です!

 

フィーチャリングにスティーブン・マーリーと

ヤミボロを迎えています。

 

ダミアンもカッコいいですが、

フィーチャリングの二人もかなり渋い!

 

ちなみに、こういう風に三人のアーティストで一つの曲を歌う事を、

「スリー・ザ・ハーダウェイ」と言います。

 

是非とも最後まで聴いて欲しい一曲です。

 

 

スポンサーリンク

 

13・Welcome To Jamrock – Damian Marley

 

13曲目はダミアン・マーリーの

「Welcome to Jamrock」です!

 

ダミアン・マーリーの名前を全世界に知らしめた一曲!

 

ダミアンのディージェイとしてのスキルを存分に味わえる一曲です!

 

ちなみにこの曲はアイニ・カモーゼというレゲエアーティストの

「World A Music」という曲をサンプリングしています。

 

アイニ・カモーゼの曲も渋いので、

興味がある人はそちらの方も聴いてみて下さい。

 

 

14・Move! – Damian Marley

 

続いてもダミアンから一曲!

「Move!」

 

カッコいいタイトルですね!

 

もちろん、タイトルだけでなく、

曲もかなりカッコいいです!

 

ボブ・マーリーの息子であるダミアン・マーリー。

 

大胆にもお父さんの名曲「Exodus」をサンプリングした一曲です!

 

「Exodus」好きな僕としては、

たまらない一曲ですね~。

 

半端なくカッコいい曲です。

 

 

15・Road To Zion – Damian Marley feat Nas

 

15曲目は「Road To Zion」です!

 

ダミアン・マーリーとヒップホップ界のカリスマ

「ナズ」がタッグを組んだ一曲!

 

あのナズとコラボできるアーティストなんて、

ダミアン・マーリーくらいのもんでしょう!

 

ダミアンの良さとナズの良さが

絶妙にマッチしています。

 

 

スポンサーリンク

 

16・Rising Medley – Capleton feat Fantan Mojah & Luciano

 

16曲目は「Rising Medley」です!

 

ルシアーノ、ケイプルトン、ファンタンモジャ、

という大御所ラスタアーティストがタッグを組んだ一曲!

 

ヤバすぎるスリー・ザ・ハーダウェイです!

 

この曲シングル発売されているんですかね~。

 

個人的にめちゃくちゃレコード欲しいです。

 

曲の2分くらいの所でファンタンのパートになるんですが、

そこからが更に渋い!

 

 

17・Rock Stone – Stephen Marley feat Capleton, Sizzla

 

17曲目は「Rock Stone」です!

 

2014年の大ヒットナンバー!

 

先程の「Rising Medley」と同じく、

ラスタアーティスト三人によるスリー・ザ・ハーダウェイ!

 

とにかく渋いですね!

 

ケイプルトンの仕上がりが半端じゃありません!

 

それだけでも渋いのに、

そっから更にシズラが入ってきますからね。

 

レゲエはこういう名曲が生まれるから飽きないんです!

 

 

18・Jah Army – Damian Marley feat Stephen Marley & Buju Banton

 

18曲目は「Jah Army」です!

 

ラスタアーティストのスリー・ザ・ハーダウェイは

どの曲も渋い曲が多いですね~。

 

でも、なんやかんや

この曲が一番渋いと思います。

 

何が渋いってダミアンですよ。

 

ダミアンが渋すぎるんです。

 

もうね、渋すぎて嫌になっちゃいますよ(笑)

 

後半に入ってくるブジュも実に渋い!

 

最後まで聞き所満載な一曲です。

 

 

スポンサーリンク

 

19・Make It Bun Dem – Skrillex feat Damian Marley

 

 

19曲目は「Make it Bun Dem」です!

 

あの世界的に有名なDJ「スクリレックス」とダミアンがタッグを組んだ一曲!

 

ダミアンのカッコよさとトラックのバッドさが

絶妙にマッチしています!

 

レゲエ界にダブステップ旋風を巻き起こした一曲です

 

 

20・Perfect Love Song – Morgan Heritage

 

最後にご紹介するのは

モーガン・ヘリテッジの

「Perfect Love Song」です!

 

最後を飾るのに

コレほど相応しい一曲はないでしょう!

 

まさに完璧!

 

春夏秋冬、いつ聴いても心に染み渡る一曲です。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

レゲエの良さは伝わりましたか?

 

今回紹介した曲以外にも、

レゲエには素晴らし曲が沢山あります!

 

興味がわいた方は、

是非調べて聴いてみて下さい!

 

また、コメントをいただければ、

アーティストや曲をバンバン紹介していきます!

 

レゲエに関わらず紹介していきますので、

紹介して欲しいアーティスト等いましたら、

是非コメントしていって下さい!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!

2 件のコメント

  • レゲエが大好きなんですが周りに好きな人がいなくて勉強出来なくて困ってたので最高な内容でした(*^^*)
    またレゲエ関連の記事楽しみにしてます!
    また見に来ます(^_-)

  • ありがとうございます。
    他にも色々なレゲエの記事がありますので、是非ご覧下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA