初心者にこそ聴いて欲しい!おすすめ洋楽レゲエアーティスト10選!前編

スポンサーリンク



 

この世には数多くの音楽のジャンルが存在しますが、

そんなジャンルの中でも

筆者はレゲエという音楽のジャンルが一番好きです。

 

あれほど心を震わせてくれる音楽は他にはないと思います。

 

でも、

世間のレゲエのイメージって、

そんなに良くはないですよね?

 

本当に素晴らしい音楽なのに・・・

 

そこで、レゲエ好きの筆者が

レゲエの真の良さを伝える為に、

オススメのレゲエをご紹介!

 

今回はレゲエ初心者の方にこそ聞いて欲しい

オススメの洋楽レゲエアーティストをご紹介していきます!

 

アーティストと一緒にオススメの曲or代表曲もご紹介しますので、初めて聴く人でも安心して見れる筈!

 

あまりレゲエに詳しくない人でも

楽しめるアーティストを厳選しました!

 

是非最後までご覧になってみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

レゲエ初心者にオススメの洋楽レゲエアーティスト

アーティストその1・Bob Marley

画像参照元:http://ur0.work/DfyC

 

まず最初にご紹介するアーティストはこの人!

 

Bob Marley

 

レゲエの神様とも言われている

レゲエという音楽を代表するアーティストです!

 

もちろん、

初心者の方にもかなりオススメできるアーティスト!

 

聞いていて気持ちの良い曲も沢山あります!

 

この世に星の数程いるアーティストの中で、

筆者はBob Marleyが一番大好きです!

 

彼の生き様、そして功績はアーティストの枠を超えて、

もはや革命家に近いとすら思っています。

 

Bob Marleyの名曲達に関しては、

コチラの記事で詳しくまとめています。

ボブ・マーリーの必聴の名曲30選!魅力と人気の秘密もご紹介!前編

2017.04.29

 

名曲と共に彼の魅力についてもご紹介していますので、

興味がある方は是非ご覧になってみて下さい。

 

オススメ曲:Is This Love

 

そんなBob Marleyのオススメ曲は

「Is This Love」です!

 

陽気なレゲエ!

って感じの一曲ですね!

 

あまりレゲエに興味がない方でも、

かなり聞きやすい感じのレゲエだと思います。

 

ちなみに筆者はカラオケに行った時、

この曲を必ず最初に歌います。

 

あまりレゲエを知らない人が聞いても

ノれるし盛り上がれるんで良いんです。

 

今、俺が感じているこの感情は愛なのか?

と、歌った一曲。

 

彼の代表的な曲でもあります。

 

Is This Love
Bob Marley & The Wailers
1978/05/23 ¥250

 

アーティストその2・Buju Banton

画像参照元:http://ur2.link/DHnt

 

2人目にご紹介するアーティストは

「ミスター・ガーガメール」こと

Buju Bantonです!

元サウンドマンが教える!Buju Bantonの間違いない名曲15選!

2017.09.15

 

90年代のレゲエを語るうえで、

欠かす事のできないアーティストの一人!

 

レゲエが好きな人でブジュが嫌いな人は

一人もいないでしょう!

 

ブジュは元々ラスタファリアン(レゲエと深い関係のある宗教者の事)ではありませんでした。

 

ラスタではない頃の彼は

ダンスホールチューンやダンスチューンを中心に歌っており、

それはそれでアリな感じでもありました。

 

しかし、

友人の死をキッカケに彼はラスタファリアンへと改宗します。

 

それから後に出す曲は

まさに神曲と言えるほどの仕上がりです!

 

ブジュがラスタへと改宗したように、

ブジュを聞いてレゲエ好きになった人間は沢山います!

 

アナタもブジュを聞いて

レゲエのヤバさに触れてみて下さい!

 

オススメ曲:Destiny

 

ブジュは名曲が数多く存在します。

 

90年代を代表するアーティストですが、

2000年代に入ってからも名曲は数多いですね。

 

そんなブジュの名曲の中でも、

筆者が特にオススメする曲はコレ!

 

ラスタへと改宗した直後にブジュがリリースした一曲!

 

これほど素晴らしい曲はレゲエならではでしょう。

 

聞いていて鳥肌が止まらなくなります。

 

Destiny
ブジュ・バントン
1997/08/12 ¥150

 

スポンサーリンク

 

アーティストその3・Luciano

画像参照元:http://ur2.link/DHnD

 

3人目にご紹介するアーティストは

「Luciano」です!

 

メッセンジャーの異名を取っているルーシー。

 

ラスタファリアンである彼のラスタな曲は

筆者を更にレゲエの深みへと誘ってくれました。

 

優しくもソウルフルな歌声は、

いつだって聴く人の心を癒やしてくれます。

 

レゲエが好きならば、

ルーシーを聴かなければレゲエ好きとは言えません!

 

90年代からトップを走り続けるラスタアーティスト!

 

必聴のアーティストです!

 

オススメ曲:Its Me Again Jah

 

むっずかしいですね~(笑)

 

この人オススメ曲が多すぎて、

一曲に絞るのがとてもムズいです(笑)

 

今回はこの曲をセレクトさせてもらいました!

 

優しげで心落ち着くトラックに、

ルーシーのソウルフルな歌声。

 

全てが完璧な一曲。

 

ルーシーの他にもオススメな曲は沢山あります!

 

基本的に「Best Of Luciano

というアルバムに入っている曲は全てヤバイので、

ルーシーに興味が湧いた方は「 Best Of Luciano」をチェックしてみて下さい!

 

IT’S ME AGAIN JAH
Luciano
2013/04/24 ¥250

 

アーティストその4・Damian Marley

画像参照元:http://ur2.link/DHo1

 

4人目にご紹介するアーティストは

「神の子」こと

Damian Marleyです!

元サウンドマンがオススメするDamian Marleyのヤバイ曲10選!

2018.08.17

 

なぜ「神の子」と呼ばれているのか?

 

それは、彼のお父さんが関係しています。

 

そう、ダミアンの父親は何を隠そう

「ボブ・マーリー」なんです!

 

ダミアンはボブとボブの愛人の間に生まれた子供!

 

ボブ・マーリーに息子は沢山いますが、

皆シンガーの道を選んでいます。

 

しかし、このダミアンだけは

シンガーにはならずディージェイ(ヒップホップでいうラッパーみたいなもの)の道を選んでいます。

 

兄弟で唯一のディージェイ。

 

父親譲りの渋い声と確かな音楽センス。

 

人気が出るのも頷けます。

 

マーリー一家で筆者的に一番ヤバイ息子ですね。

 

スポンサーリンク

 

代表曲:Welcome to Jamrock

 

ダミアンは「ブルーノ・マーズ」と共演したり、

人気ラッパー「ナズ」と共同でアルバムを作ったり、

本当にワールドワイドな活躍を見せています。

 

そんなダミアンの出世作とも言える代表曲がこの曲!

 

超カッコいいトラックに、

ダミアンの渋すぎるディージェイ!

 

2000年代を代表する一曲です。

 

Welcome to Jamrock
ダミアン・マーリー
2005/03/14 ¥250

 

アーティストその5・Konshens

画像参照元:http://ur2.link/DHo8

 

前編最後にご紹介するアーティストは

「Konshens」です!

 

コンシェンスとの出会いは忘れもしません。

 

筆者はコンシェンスの歌声を聞いて、

洋楽レゲエにどっぷりハマっていきました。

 

友達の家で聞いたコンシェンスが、

今思えば筆者をレゲエ好きへと変えた瞬間でしたね~。

 

なので、今回は初心者の方に

一番オススメしたいアーティストでもあります!

 

コンシェンスの曲はとにかく聞きやすい!

 

そしてキャッチーなフレーズが多いので、

覚えやすい曲が多いです!

 

デビューしてから常に最前線を走るコンシェンス。

 

これからの活躍にも期待がかかります。

 

代表曲:Out the Ghetto

 

そんなコンシェンスの出世作!

 

そして、

筆者をレゲエ好きへと変えた一曲でもあります!

 

ジャマイカではスラム街の事を

「ゲットー」と言います。

 

ジャマイカはゲットーじゃない地域の方が少なく、

殆どがゲットータウンです。

 

筆者は昔ジャマイカに行った事があるんですが、

凄まじかったです。

 

本当にリアルなスラム街。

 

それも、

大都市から一本路地に入っただけでゲットーになるんです。

 

この曲は

そんなゲットーな地域から抜け出して、

いつかスターになるんだと歌った一曲。

 

リアルなジャマイカを見た時、

この曲が更に好きになりました。

 

Out the Ghetto
コンシェンス
2010/12/22 ¥150

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

前編は以上で終了となります。

 

後編では残りの5アーティストをご紹介していきます!

 

後編もお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA